通りハミ | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

「 通りハミ 」 一覧

ハミアトの見かた

典型的なハミ方は、一旦食む石の上流に泳ぎ出てから、反転して食み下る「返しハミ」です。
また、遡上期の小型の鮎に多く見られる下流から上流へ食み上がる「逆さハミ」と呼ばれるものもあります。

鮎がコケを食べた歯型の跡であるハミアトの見かた

鮎が、コケを食べた跡形を「ハミアト」と、言いますが、ハミアトの大きさで、鮎の大小が判断出来ます。このハミアトが鮮明なほど新しく、近くに鮎がいる可能性が高いです。