背掛かり | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

「 背掛かり 」 一覧

野鮎が掛かった時の魚信と掛かった部位別のオトリとしての良否

背掛かりの時は、小刻みに引っ張るか、又はスーとミチイトがゆるむような感じになり、その後、強く竿先を絞り込みます。針掛かりが浅く、背ビレよりも頭部に近いものほど良いです。
この部分に掛かった鮎は最良のオトリとなります。ただ、掛け針が背中を突き抜けたものは、弱ると肩が曲がり泳ぎが悪くなる事があります。

野鮎の追い方と掛かり方について知っておくべき事

オトリ鮎が川底と平行して泳いでいる時に、野鮎が追うと、掛かります。ミチイトを張り過ぎると、オトリ鮎が頭を下げるので、掛け針はオトリ鮎と平行ではなくなり、掛け針は上に上がってしまいますので掛かりません。