*

「 竿の操作 」 一覧

オトリの元気具合による送り出し方の違い

  2016/11/02    基礎講座 , ,

元気の良いオトリであれば、足元から流れに入れて川底を泳がせてポイントに送り込むことが出来ます。手尻が短い時は、オトリを足元に放してやり竿を垂直に立てて、オトリが出て行くにつれて竿を次第に倒して行けば良いです。

竿の基本的な操作の仕方

オトリを送り出したら、オトリの動きや、流れの強弱に合わせて、竿の角度や位置を変えて、オトリが少しでも楽に泳げるようにしてあげる必要があります。この時、常にオトリの動きが手元に伝わる感覚で分かるように、ミチイトはたるませてはいけません。