目通し仕掛け | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

「 目通し仕掛け 」 一覧

目通し仕掛けが大鮎を釣るのに最適な理由

30センチを超えるような大鮎は激流に縄張りを作っている場合が多いです。そんな激流に居る大鮎を釣るには、まず、オトリが激流の中にはいって行って泳ぐことが出来なくてはなりません。

釣果を飛躍的に伸ばしてくれたクレハのシーガー鮎道糸

シーガー鮎ミチイトは衝撃や摩擦に強いので、結び目から切れることもありませんし、結び目を補強する必要は全くありません。クレハのシーガー鮎ミチイトを使われると品質の良さを実感出来ます。

多くの利点を持つ鮎の友釣り目通し仕掛けのやり方を解説

目通し仕掛けは、難しそうだと思われがちですが、 実に簡単です。 目通し仕掛けを作るには、オトリの目を通して結び、尻掛け針をオトリの尻ビレの後端を突き通して結ぶ だけです。

3つの友釣り仕掛けの利点と欠点を比較検討

目通し仕掛けの場合は、野鮎が早く浮き上がるので、引き抜くのも容易で、オトリと野鮎が高低差も無く、ほぼ一直線に飛んで来るので、大きなタモも必要がありません。