瀬脇 | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

「 瀬脇 」 一覧

ザラ瀬における釣り方

一般的にはザラ瀬とは、チャラ瀬よりもやや深く、水深が50~100センチほどで、川底には大小さまざまな石があり、水面がザワついて、白波が立っているような瀬です。
ザラ瀬は、解禁当初から終期まで友釣りが出来て、鮎が最も縄張りを作りやすい場所でもあります。

チャラ瀬や瀬脇などの浅い瀬での釣り方

浅い瀬においては、オトリが元気かどうかで釣果が決まります。オトリを入れた地点から広い範囲に泳いで行く元気なオトリでないと、釣果は伸びません。瀬の全体をくまなく泳がせて釣ることが大切です。

友釣りの釣り期別のポイント

盛期には、水温が高くなり、浅場のアカは腐れアカになりやすいので、鮎は良質のアカを求めて深場に移動します。大きくなった鮎は、急流や荒瀬ばかりでなく、水深のあるトロ場にも縄張りを作ります。

友釣りの釣果を左右する時間と釣り場の選び方

午後からが友釣りのピークとなります。特に、午後3時を過ぎる頃から日没にかけては、猛烈な勢いでアカを食みますし、追いも強烈になります。