残りアカ | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

「 残りアカ 」 一覧

増水後の友釣りのポイントと釣り方

流れの速さは、カーブの内側と外側では異なります。カーブの外側の方が流れは速く、砂や小石も流れの速い外側の方が多く流れます。ですから、カーブの外側よりも内側の方が残りアカは多くなります

鮎と川の水量の増減及び水温との関係

小さな増水の場合は、大石の裏などに、残りアカが残るので、増水で淵などに避難していた鮎が、残りアカを求めて縄張りを作り始めますし、オトリを活発に追うようになります。2~3日もすれば、川全体に薄アカが付くようになります。

鮎のエサのコケの成長過程での名称及び状態

アカは、珪藻、ラン藻、緑藻などで、それぞれ色が異なりますが、鮎が最も好む珪藻は、流れのある玉石や大きな石などに、多く繁殖します。珪藻が繁殖している川底の石は、薄い灰色をしています。