動物性プランクトン | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

「 動物性プランクトン 」 一覧

鮎とは

初めのうちは、エサを取り易いように、歯が突き出て居ますが、10センチ前後に育って、川に慣れてくると、尖って居た歯は次第に退化して、平らな櫛状の歯に変わります。この頃から、鮎の食性が変わり、これまで昆虫類やカワムシなどを食べていた稚魚は、川底の石の表面に着いているケイソウやランソウなどの藻類(コケ)を主食にするように成ります。