*

「 ミチイトの張り具合 」 一覧

オトリの遊泳感覚を感じ取れれば、釣果は飛躍的に伸びる

遊泳感覚を的確に知るためには、常にミチイトを適切な張り具合に保っておかねばなりません。ミチイトがたるんでいると、オトリの動きが正確に伝わって来ません。オトリ操作で最も大切な事は、常に手元に伝わる感覚で、オトリの動きを感じ取って、オトリの動きに応じた操作をすることです。

どんな河川でも釣れるようになるために習得すべき事

友釣りでは、ミチイトの張り加減が最も大切です。ミチイトを緩めていたら、オトリの動きが正確に手元に伝わらないないために、野鮎が近くにいるのさえ分かりません。

オトリ鮎を送り込む方法

弱ったオトリ鮎の場合は、オトリを足元に置いて、釣り人が上流へ上がります。それから、竿先を操作しながら、オトリの体の側面に流れを当ててやるとオトリは川の中心に
向かって泳ぎ出します。