*

「 チャラ瀬 」 一覧

チャラ瀬や瀬脇などの浅い瀬での釣り方

浅い瀬においては、オトリが元気かどうかで釣果が決まります。オトリを入れた地点から広い範囲に泳いで行く元気なオトリでないと、釣果は伸びません。瀬の全体をくまなく泳がせて釣ることが大切です。

友釣りを始める前の準備

オトリが急激な温度の変化によって弱らないように、川の水を数回に分けて入れることが大切です。オトリ缶は、流れの緩やかな場所に生けます。流れが速い場所だと、オトリ缶の中の水が動き過ぎたり、渦を巻いたりするので、オトリは休まらないばかりか、弱ってしまいかねません。

友釣りにおける川の流れの名称と特徴 

早瀬の中で、膝位の水深の所をザラ瀬と言い、ザラ瀬は水通しが良くて、アカも良質のものが付きますので、鮎が集まりやすいです。オトリを丁寧に泳がせると数を狙える場所です。

友釣りにおける川の流れの名称

一つの瀬の始まりが「瀬頭」で、瀬の両側、即ち、岸寄りの部分を「瀬肩」と言います。
瀬に入った流れは、瀬頭から落ち込んで、流れの幅が絞れて、深く速く流れている部分である「吸い込み」から、最も速い流れの中心部の「流心」へと続きます。

友釣りのポイントと川の各部の見方と特徴

ひとかかえもある石が敷き詰まっている瀬には、追い気の強い鮎が数多く居付いていますが、砂利採取や護岸工事などにより、最近はそんな釣り場は余り見かけなくなりました。