*

「 オトリ缶 」 一覧

オトリ鮎の扱い方

オトリ缶を生ける際には、オトリ缶の中の水温と川の水温を確認して、直ぐにオトリ缶を川の中へ沈めないで、川の水を数回に分けて入れます。オトリ缶は、砂利底は避けて、石底で少し深い水通しの良い場所に生けます。

友釣りを始める前の準備

オトリが急激な温度の変化によって弱らないように、川の水を数回に分けて入れることが大切です。オトリ缶は、流れの緩やかな場所に生けます。流れが速い場所だと、オトリ缶の中の水が動き過ぎたり、渦を巻いたりするので、オトリは休まらないばかりか、弱ってしまいかねません。