*

友釣りの釣り方の基本・各ポイントでのオトリの泳がせ方

      2018/04/09

友釣りの基本は、極めて僅かの力を
加えたり、抜いたりしながらオトリを
コントロールすることです。

その力の加減は、竿を引っ張るのでは
なくて、糸を僅かに張ったり緩めたり
することです。

オトリの泳がせ方

糸を僅かに緩めると、オトリに掛かる負担は
増えますが、オトリはそれに抵抗して上流の
方へ泳ごうとします。

糸を緩め過ぎると、オトリに掛かる負担が
大きくなり、オトリは上流へ泳いで行く事が
出来なくなって、そこで止まってしまいます。

そこで、糸のたるみを取ってオトリに掛かる
負担を少なくしてやると、オトリは上流に
向かって泳ぎ始めます。

糸を僅かに張ったり緩めたり、糸のたるみを
取ったりしながらオトリを泳がせて行きます。

浅い瀬での釣り

浅い瀬は、たいてい川底の石は小さく傾斜も
緩やかで平である場合が多いです。

上流や下流に深みが続いている浅場や対岸に
深みがある手前の浅場などは格好の狙い場に
なります。

チャラ瀬などの浅い瀬を釣るには、オトリを
水中に入れて、狙うポイントに向けて放して、
そのまま、かがんだ姿勢で竿を立てます。

オトリを放して、直ぐに立ち上がると、手前
に居る野鮎を釣り逃してしまいます。

オトリが穂先の下を出るまでは、体を
かがめたままオトリの泳ぎに対して竿の
角度を合わせて行きます。

元気の良いオトリであれば、真正面に構えて、
少し下流からオトリを放して穂先下くらい
まで誘導したら、そこから上流に向けて
泳がせて静かに釣ると、数多く釣れる場合が
あります。

その際に、竿の届く範囲まで、出来るだけ
離れてオトリを泳がせることです。

トロ場での釣り

トロ場では、狙ったポイントの方にオトリを
向けて放して、泳ぎ出したら狙ったポイント
とは逆の方向に糸のたるみが出来るように
竿でコントロールします。

スピードが速すぎる時は糸を少し張り気味に
し、スピードを速めたい時は糸を僅かに
緩めてやります。

オトリの泳ぐスピードが速いと、縄張りを
通り過ぎてしまうので、ポイントに着いたら
糸を少しだけ張ってやり、オトリをその場に
留まらせるようにします。

上手のポイントから下手のポイントへ移動
させる場合は、竿先をやや下手に向けて、
30~40センチ下流方向へ引っ張ります。

そして、ひと呼吸置いて、再び同じことを
繰り返しながら、下手のポイントに移動
します。

平瀬やトロ瀬での釣り

平瀬やトロ瀬などを釣る時は、始めは下竿に
構えてオトリを放してやり、沖に出て行くに
つれて竿を上流に向けて倒しながら誘導
します。

沖に出たオトリが自分の正面より少し上手に
来た時に竿を立ててやると、僅かに糸が
緩むので、沖や上流へと泳いで行きます。、

まとめ

1、オトリの泳がせ方は、糸を僅かに張った
  り、僅かに緩めたり、その糸のたるみを
  取ったりしながら泳がせることです。

2、浅い瀬での釣りは、オトリを水中に入れ
  て、狙うポイントに向けて放して、その
  ままかがんだ姿勢で竿を立て、オトリが
  穂先の下を出るまでは、体をかがめた
  ままオトリの泳ぎに対して竿の角度を
  合わせて行きます。

3、トロ場での釣りは、狙ったポイントの方
  にオトリを向けて放して、泳ぎ出したら
  狙ったポイントとは逆の方向に糸の
  たるみが出来るように竿でコントロール
  します。

4、平瀬やトロ瀬での釣りは、下竿に構えて
  オトリを放してやり、沖に出て行くに
  つれて竿を上流に向けて倒しながら誘導
  します。

 - 友釣りのやり方 , ,