*

目通し仕掛けの特徴及び優れた点

      2016/11/08

目通し仕掛けの場合における、手元に
伝わってくる感度の観点から考察しま
した。

竿の感度が釣果に影響するように、
それぞれの仕掛けの違いによって、
オトリの動きが手元に伝わる感度が
異なるので、仕掛けの違いが釣果を
大きく左右することなります。

目通しとその他の仕掛けとの違い

目通し仕掛けは、他の仕掛けよりもオトリの
動きが手元に伝わる感度が遥かに優れて
います。

標準的な鼻カン仕掛けは、天井糸、ミチイト、
水中糸、鼻カン、逆針、掛け針の順に
つないであります。

その点、目通し仕掛けの場合は、ミチイト
だけです。例えば、9メートルの竿には
10.5メートルのミチイトで、一切
各イト同志のつなぎ目などありません。
掛け針は尻ビレの根元を通してオトリの
体に結んであります。

ミチイトの片方の端を竿の穂先に結び、
ミチイトのもう一方の端をオトリの頭骨に
結ぶので、オトリの動きの伝わりが
各つなぎ目で全く寸断されずに、直接
伝わって来るために、オトリの動きを
はっきりと察知出来ます。

更に、鼻カン仕掛けも背カン仕掛けも、
チタン合金などの金属製の鼻カンや背カンを
使うために、オトリの動きが各カンに
少なからず吸収されて、伝わり難くなり、
オトリの動きを正確に把握することが、
目通し仕掛けよりも可なり劣ります。

他の仕掛けの場合は、目印の動きでオトリの
状態を判断している場合が多いのに対して、
目通し仕掛けの場合は、手元に伝わる感覚で、
オトリの動きが分かるために正確に判断出来
ます。

背カン仕掛けの場合は、オトリの背に背カン
を通すので、オトリは傷つきますし、出血
しますが、目通しの場合は、傷つきもしま
せんし、全く弱ることもありません。

勿論、頭骨と目玉の間を通す時に、少しでも
傷を付けたら、出血して出目になり、泳ぎが
悪くなったり、片泳ぎするようになり、
弱りも早くなります。

掛け針を木綿針かフランス刺繍針で尻ビレの
根元を通して、オトリの体に一巻きして結び
ますので、その通す部分は少し傷つきますが、
全く泳ぎには影響はありません。

目通し仕掛けの場合は、オトリ鮎の体に直接
ミチイトを結ぶので、オトリ鮎の動きが鮮明
に、かつ敏感に手元に伝わって来ますので、
オトリの動きが手に取るようにわかり、近く
に野鮎が居るか居ないのかが察知できます。

目通し仕掛けの優れた点

オトリがどんな状態で泳いでいるのか、川底
の起伏の状態がどんなになっているか、更に
野鮎が近くに居るかどうかも、手元に伝わる
オトリの動きで判ります。

竿を握る手に、オトリの泳ぐ感じが伝わって
来ますが、この感じの相違によってオトリが
どんな状態で川底を泳いでいるのかが判断
出来ます。

この遊泳感がどんな信号であるかを判らない
と、どんな操作をすべきかも判らないことに
なります。

遊泳感を的確に知るには、たるんだミチイト
では、オトリの動きを竿に伝えることは
出来ません。

そこで、常にミチイトは適切な張り具合に
保って置くことが大切になります。

このオトリの遊泳感が判るようになれば、
釣果は飛躍的に伸びます。

オトリ操作で最も大切な事は、手元に
伝わる感覚で、オトリの動きを把握して
おくことです。

このオトリの遊泳感が判るようになれば
オトリの操作は簡単になり、更に適切な
操作が出来るようになります。

友釣りで大切な事

友釣りでは、現在オトリがどんな状態であり
、またどのように泳いでいるかを常に把握
して置く事が大切です。

効率良く釣るには、釣り人はオトリを自分
勝手に泳がせるのではなく、常にオトリを
コントロールしておくことです。

そうすれば、オトリが野鮎が近くに居るかを
教えてくれるので、野鮎が居る場所だけを
釣って行けば効率的な釣りが出来ます。

まとめ

1、目通しとその他の仕掛けとの違いは、
  目通しの場合は一切各イト同志の
  つなぎ目など無いことです。

2、目通し仕掛けの優れた点は、オトリの
  遊泳感を的確に知ることが出来るので
  適切なオトリの操作が出来ることです。

3、友釣りで大切な事は、オトリの状態を
  常に把握して置く事です。

 - 目通し仕掛けについて , ,