竿の基本的な操作の仕方 | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

竿の基本的な操作の仕方

      2016/09/20

水中におけるミチイトは、常に川の流れの抵抗を受けています。
流れが強ければ、ミチイトに加わる抵抗も大きくなります。

弱ったオトリだと、浮き上がって下流へ押し流されてしまいます。

竿の操作法

野鮎が掛かるためには、オトリを川底をはわせるように
泳がせないといけません。

そのためには、竿を操作することで、オトリが受ける抵抗を
出来る限り少なくしてやる必要があります。

竿の角度によってオトリの負担は変わります。

竿を水平にした時がミチイトの流れから受ける抵抗は最も
小さくなり、オトリの負担は軽くなり、オトリは泳ぎ
やすくなります。

この時、オトリが上流へ向かって泳いでいる場合には、
掛け針がミチイトにからむことがありますので、注意が
必要です。

竿を45度くらいに立てた時は、水平ザオに比べると、
竿を立てた分だけミチイトが短くなるとともに、流れから
受ける抵抗も増しますし、オトリに掛かる負担も大きく
なります。

竿をほとんど垂直に近く立てた時が、ミチイトが川の
流れから受ける抵抗は最も大きくなり、オトリに掛かる
負担も最大になります。

オトリは上へ引っ張り上げられるので、頭を下げて
必死に泳ぎます。そのオトリの動作が野鮎を挑発し
追いやすくなります。

しかし、オトリの体力の消耗は大きくなるので、
それだけ早く弱ります。

オトリを送り出したら、オトリの動きや、流れの
強弱に合わせて、竿の角度や位置を変えて、オトリが
少しでも楽に泳げるようにしてあげる必要があります。

この時、常にオトリの動きが手元に伝わる感覚で
分かるように、ミチイトはたるませてはいけません。

オトリを送り込むには、いろんなやり方がありますが、
一番簡単な方法は川の流れに乗せて送り込むことです。

狙うポイントよりも上流に立ち込んで、オトリを流れに
乗せて、手尻が長い場合は、竿を持つ手を頭上に
出来るだけ伸ばして、ミチイトがたるまないように
します。

この際、オトリの背中は水面に出ていることです。

オトリの背中を水面に出したままで、竿を送ってやると、
オトリは流れに乗って下流へ流されていきます。

オトリの口を水面から少し出してやると、オトリは
必死になってもぐろうとするので、オトリを楽に
下流へ送ることができます。

オトリが狙ったポイントの近くまで流されて行くまでは、
竿を送りながらミチイトは決してたるませることなく、
張っておきます。

オトリがポイントに着いたらミチイトをわずかに緩めて
やります。

それから、オトリが沈んで泳ぎ始めたら、ミチイトは
再度張り気味にします。

なぜならば、ミチイトがたるんでいると、掛け針が
ミチイトのからみつくことがあるからです。

 - 竿の基本的な操作の仕方 , ,