オモリを使う事による利点と欠点及び使う時の注意点 | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

オモリを使う事による利点と欠点及び使う時の注意点

      2016/09/20

複合メタルラインは、強度がナイロンの3倍、
比重は鉛の2倍もあり、錆難く、非常に柔らかく
水切りも、ずば抜けて優れています。

メタルラインの登場によって、オモリを使用する
釣り人が少なくなりました。

メタルラインは、比重が鉛の2倍もあるので、
ラインそのものが沈むために、オモリを使用する
必要がなくなったこともあります。

オモリを使う利点

オモリを使用する目的は、底に潜ることが出来ない
オトリを川底に沈めて、野鮎が掛かりやすい状態に
することです。

オトリ鮎が、川底へ潜って自在に泳ぎ回ることが
出来るのであれば、何もオモリを付ける必要など
ない訳です。

しかし、オモリを使用せざるを得ない場合も
ありますし、オモリの使い方次第では利点もあり、
確かに、釣果も伸びるものです。

目通し仕掛けの場合は、荒瀬や激流などでも、
まずオモリを使うことはありませんが、
鼻カン仕掛けや背バリ仕掛けでは、オトリが
川底に潜れない時には使用せざるを得ないことが
あります。

川底に良い石があるので、その前面部にオトリを
入れたい時や、オトリが流れに押されて少しずつ
下流へ流されたりする時は、1~2号の軽いオモリを
付けてやると、石の前面部にオトリを止めて沈ませたり、
オトリが流されずに川底に止まることが出来ます。

深くて流れが速い場所を釣る場合に、オトリがどうしても
川底まで潜れない時は、オトリの頭から30センチほど
離したところに、オモリを付けて沈めてやります。

また、イケスで育てられていた養殖鮎や弱った鮎を
オトリとして使う場合は、強い流れの中では泳ぐことが
出来ずに、浮き上がって流されてしまうので、その時は、
オモリを付けて沈めてやります。

また、追いが弱いために、オトリをポイントに
止める時にも効果的です。

オモリを使う欠点

オモリを使用する欠点としては、少しミチイトを
ゆるめると、根掛かりしやすくなったり、
引き抜く時に、高切れすることが多くなることです。

また、タモの中で仕掛けがもつれることもあるなど、
トラブルが発生しやすいです。

オモリを使う時の注意点

オモリを使う時は、オトリを引くのではなく、オモリを
引く感じで、いつもオモリが川底の石の頭をコツンコツンと
叩いている状態が良いです。

オモリを使う時の注意としては、ミチイトを常に
張ったままで、竿を操作することが大切です。

また、竿先が揺れるとミチイトがたるむため、オモリが
底石の間に落ち込んでしまうので注意することです。

更に、必ずオモリよりも、オトリが川底を泳ぐように
しなければいけません。絶対にミチイトをゆるめない
ことです。

 - オモリを使う事による利点と欠点及び使う時の注意点 , ,