*

鮎と水温との関係について

   

鮎にとって最適な水温は、20~24度だと
言われています。

鮎は、適温時が最も盛んにコケを食みますし、
動きも活発になり、従って追いも強烈になります。

水温が20度よりも低い解禁当初でも掛かるのは、
鮎が持っている縄張りを作る習性があるからだと
言えます。

ただし、水温が14~15度以下になると、野鮎は
オトリをほとんど追わなくなると言われています。

水温と鮎の追いとの関係については、一般的に、鮎は
暑い日ほど水温が高くなるので追いが活発になりますし、
逆に、冷え込むと水温が低くなるので追いも悪くなります。

初期と後期では、水温が低い日ほど追いが鈍くなります。
ですから、この時期には平常の水温よりも高めの時の
ほうが良く掛かります。

逆に、盛期においては、水温が高くなり適温を大きく
超えるようになると、鮎の追いは悪くなります。
水温が高くなると、浅場のアカから腐れ始めるので、
鮎は良質のアカを求めて荒瀬や、水温の低い深場や
淵などの場所へ移動します。

盛期には、曇りの日や雨の日など、水温がいくらか
低い時の方が、活発に追いますし、友釣りの条件
としては良いです。

暑い日の夕方になると、急に野鮎の掛かりが
良くなるのは、日差しが弱くなり水温が適温に
近くなるためです。

流速が1メートル増すごとに、水温は1度ずつ
低下すると、言われています。

ですから、水温が高い時は、流れの速い所ほど
水温が低くなるので、瀬などの流れの速い場所が
掛かりやすくなります。

例えば、荒瀬の大石の裏や淵の深い場所で
大型の鮎が掛かるのは、浅い場所よりも水温が低く、
鮎にとっては適した水温に近いからです。
盛期には荒瀬がポイントになります。

川の水温の変化に応じてポイントも変わりますし、
アカの着き具合も水温に大きく左右されます。

初期の頃は、川全体の水温が低いので、石アカは水温が
比較的に高い浅場から発生して、次第に流心のほうに
着いて行きます。ですから、初期には浅い所がポイントに
なります。

逆に、盛期には水温が高くなるので、浅場のアカは繁殖し
過ぎて腐れアカとなるために、深場や流れの速い所が
ポイントとなります。

釣期の初期や終期の頃は、早朝は水温が低いため、鮎の
追いはにぶく、水温が上昇し始める頃から、追いが活発に
なります。

水温が低い朝のうちは、水深が浅いザラ瀬や、瀬頭や
瀬尻が良いですし、水温が上がってくる日中には、
水深のあるトロ場や荒瀬や淵が狙い目となります。

夕方の気温が下がる時間には、瀬尻やザラ瀬や平瀬が
良く追うようになります。

 - 鮎と水温との関係について , ,