*

トロ場における釣り方

   

トロ場とは、川の流れが緩やかで、水深がある程度あり、
川幅が広がっている場所です。

トロ場の川底は、変化があまりなくて傾斜も少ないので、
流れが極めて緩やかになります。

水深が比較的に浅いところを浅トロ、水深が深いところを
深トロと言います。

トロ場の川底の石は、割りと小さいので、大きめの石が  
点在する所には縄張りが作られやすく絶好のポイントに
なります。しかし、底石があっても、泥や砂が沈殿して
いる所には鮎はいません。

放流鮎が多い河川では、湖産鮎は強い流れを嫌うために、
流れの緩やかなトロ場に集まります。

トロ場は、元気なオトリを使って自由に泳がせる
泳がせ釣りには格好の場所です。

トロ場では、遠くまで泳いでくれる元気なオトリを
使って、出来るだけ遠くから竿を出して、静かに
釣ることが特に大事です。

ミチイトも可能な限り細い糸を使って、手尻も少なくとも
1.5メートルほど取る方がいいです。

掛け針は、7.5号くらいの小型の3本イカリだと、根掛かりも
少ないですし、掛かりも早いです。大きな針を使うと
根掛かりが多くなります。

トロ場の鮎は遊び鮎が多く、瀬に比べて追い気は弱いですが、
水温が上がって来ると、遊び鮎のうちの活発な鮎が縄張りを
作ります。

小石が混じった川底でも、出来るだけ大きな石のある所を
狙ってオトリを入れることです。

トロ場での釣り方は、手前のポイントから沖へ、沖から
対岸のポイントへと釣って行きます。

オトリは狙うポイントから出来るだけ離れた場所に入れて、
ポイントに誘導しますが、オトリが底に潜ったら竿先を少し
あおってミチイトを張ってやると、元気なオトリであれば
沖に出ていきますので、それから上流や沖へオトリを
泳がせます。

オトリが底に潜って上流や沖へ泳ぎ始めれば良いのですが、
泳ぎ出さない時は少しミチイトを緩めたり、少し引っ張ったり
して、決してオトリの動きを止めないようにします。

トロ場では、通常、竿は45度ぐらいの角度でオトリを
泳がせますが、この時ミチイトは張り過ぎないようにします。
ほんの少しだけ、たるませ気味のほうが良いです。

トロ場で掛けた鮎をバラしてしまうと、そのトロ場に
居る鮎が散ってしまい、しばらく釣れませんので
取り込みには注意が必要です。

トロ場は、元気のよいオトリを自由に泳がせて釣果を
上げられる所で、特に盛期以降の雌鮎が抱卵する時期は
絶好のポイントです。

 - 釣り場に合わせた釣り方 , , ,