*

ザラ瀬における釣り方

   

ザラ瀬とは、チャラ瀬よりもやや深く、
水深が50~100センチほどで、川底には
大小さまざまな石があり、水面がザワついて、
白波が立っているような瀬です。

ザラ瀬は、解禁当初から終期まで友釣りが出来て、
鮎が最も縄張りを作りやすい場所でもあります。

ザラ瀬には、川底が平坦で、底石が小さくて浅いザラ瀬、
水深があり波立って流れていて大きい底石が点在するザラ瀬、
大きな底石の頭が水面に出て、その下流側は小さな白波を
立てているザラ瀬などがあります。

ただ、1メートル近くの水深があっても、底石が小さくて
水面の波立ちが少ない瀬を「平瀬」と言って、ザラ瀬と
区別することもあります。

平瀬には、遊び鮎が多く、追い気はあまりありませんが、
放流河川での初期の日中には狙い場となります。

波立ちが少なく水面が静かな瀬では、釣り人の人影を
落とさないように注意し、腰を低くして竿を構えて、
オトリの泳ぎにまかせるようにすることです。

なお、ザラ瀬の直ぐ下流に深みがある場所には居付き鮎が
います。

釣り人が多い時に深場に逃げ込んでいた鮎が、釣り人が
減り静かになる夕方になると、浅場へ石アカを食べに
出て来ますので、入れ掛かりすることがあります。

ザラ瀬の下流に深い淵やトロ場があったり、ザラ瀬と瀬が
交互に続くような場所では釣果か上がります。

ザラ瀬での釣り方は、釣り始める場所より上流のポイントを
荒らさないように、ザラ瀬の最下流部から上流へ、各ポイントに
オトリを送り込みながら釣り上がって行く釣り方がいいです。

また、野鮎が掛かったら、釣り終わったポイントへ誘導して
取り込むようにします。

しかし、流心が片寄っていて片側が急流である場所で、
瀬脇がザラ瀬になっている所を釣る時は、オトリを
上流から下流へ泳がせる方がいいです。

竿を操作して、オトリの頭を流心の方に向けさせて、
オトリの体の側面に流れを当て釣り下がります。
その時、オトリが流心に吸い込まれないようにするために、
竿を立てたまま、竿を伸ばされないように
オトリについて下りながら釣ります。

ザラ瀬の居付き鮎は、物音や人影ですぐに流心や
流心寄りに逃げ込みます。

瀬頭から絞り込みまでの距離が長いザラ瀬には、
上流のトロ場に居た鮎が下りて来て居付くポイントです。

ここでの釣りは、絞り込みの上から上流の方へ釣り上がって
行きます。この時、オトリはヘチ寄りから入れます。

ヘチから瀬脇、流心へ、更に対岸の瀬脇へ順序よくポイントを
探りながら釣って行く事です。

要約すると 、水面の波立ちが少なく静かな瀬を釣る時は、
釣り人の影を水面に映さないように、腰を低くして
オトリの泳ぐままにミチイトを出してやるといいです。
オトリ元気が良ければ、竿を立てて上流へ引き気味にして
釣るといいです。

 - 釣り場に合わせた釣り方 , ,