野鮎の追い方と掛かり方について知っておくべき事 | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

野鮎の追い方と掛かり方について知っておくべき事

   

友釣りにおいては、野鮎がどんな時に、どのようにオトリを
追うのかを知っておくことが大切です。

野鮎がどのようにして掛かるを知っておくことが釣果に
つながります。

オトリ鮎は、見えるところに野鮎が居ると近づこうとは
しません。大石の裏など、見えない場所に野鮎が居ると、
オトリはその野鮎の縄張りに近づいてしまいます。

そして、オトリは野鮎が居るのを察知すると逃げようと
します。このオトリが逃げようとする動作が野鮎を
挑発し、野鮎がオトリを追うことになります。

この野鮎の追い方は場所によって違います。

1、トロ場における追い方

流れが緩やかなので、流れから受ける抵抗も少なくなり、
野鮎はオトリ鮎と同じくらいのスピードで、2メートルほど
追った後で反転します。

この時、野鮎はオトリ鮎の尾ビレの近くまで来ています。

2、深場における追い方

深場の野鮎は追い気が弱いので、オトリの動きを止めない
ような竿を操作してやれば追いますが、オトリの体に
触れる程度でやめてしまいます。

深場でも、岩盤に縄張りを持っている野鮎は、岩盤の
底のほうから一気に近づいて、底のほうへ反転します。

3、瀬における追い方

流れが速いので、オトリ鮎が逃げるスピードが遅くなり、
距離もトロ場よりも短く、野鮎はオトリ鮎のすぐ近くまで
来て、大きく一気に反転します。

次に、野鮎の掛かり方についてですが、野鮎がオトリ鮎を
追う時の最も典型的な攻撃のやり方は、後方からオトリ鮎の
下腹部を狙って体当たりして反転するパターンです。

野鮎が掛け針のハリ先で、反転した瞬間に掛け針が野鮎の体に
刺さることが多いです。

オトリ鮎が川底と平行して泳いでいる時に、野鮎が追うと、
掛かります。

ミチイトを張り過ぎると、オトリ鮎が頭を下げるので、
掛け針はオトリ鮎と平行ではなくなり、掛け針は上に
上がってしまいますので掛かりません。

竿が伸ばされてしまう時など、オトリ鮎が頭を上げると、
尾ビレで立つようになるので、掛け針は下に
下がってしまい、掛かりにくいです。

仮に掛かっても、頭や腹などに掛かり、オトリとして
使用出来ません。

掛け針とハリスの重さのバランスが取れていると、
掛け針が適切な位置にあるので、背掛かりになる
可能性が高いですが、ハリスに対して掛け針が
重過ぎると、野鮎は掛け針の上を通ってしまい
掛からないことがありますし、掛かっても
腹掛かりとなる確率が高くなります。

目通し仕掛けの場合は、オトリ鮎の尾びれから
掛け針までのハリスの長さによって、掛かる位置が
違います。2.5~3センチが適切で、それよりも長いと
腹掛かりになり易く、短いと頭掛かりになり易くなります。

 - 野鮎の追い方と掛かり方について知っておくべき事 , ,