タモ オトリ缶 | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

タモ オトリ缶

      2015/10/31

鮎釣り用具には、釣り竿、ミチイト、タモ、
オトリ缶、曳舟、ハリなどがあります。

タモ(玉網)

タモは、釣った鮎を取り込む際に
使用するもので、直径が30センチ、
深さが35センチのものが、一般に
使われます。

タモには、網だけの「素タモ」と、
網の下の方に袋がついた「袋タモ」が
あります。

目通し仕掛けの場合は、オトリ交換をタモの
中でするので、掛け針がタモに引っかからない
ように、網目が密な方が良いです。

京玉網だと、掛け針が引っかからないし、袋の
中に水が入るので、釣り場を移動する際の
通い筒の代わりに成って、大変便利です。

また、釣る度ごとに、曳舟やオトリ缶に
使った鮎を入れに行かずに、京玉網に
活かして置けて重宝します。

目通し仕掛けの場合は、引き抜きで取り込む
時でも、掛け針をオトリ鮎の体に結んでいる
ので、オトリと掛かった野鮎が高低差も無く、
ほぼ一直線に飛んで来るので、タモの直径が
30センチ無くても大丈夫です。

オトリ缶(活かし缶)

オトリ缶は、オトリ売店から釣り場まで
オトリ鮎を運ぶためと、釣れた鮎を入れたり、
交換したオトリを休ませて置くためのものです。

オトリ缶は、水の通りが良いもので、出来れば、
直径が30センチ以上あった方がいいです。

鮎は明るいと、ストレスで激しくエネルギーを
消耗して弱ってしまいます。

ですから、オトリ缶の中は出来るだけ暗くした
方が良いです。

そのためには、オトリ缶は光が差し込まない
ようなものがいいです。

オトリ缶は出来る限り深い川底に沈めて
置いた方がいいですが、上流にダムがあり、
放水がある河川では、オトリ缶を流されない
ように注意する必要があります。

 - 鮎釣り用具