鮎のミチイト | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

鮎のミチイト

      2016/01/08

友釣りで最も重要なことは、オトリの鮎が
元気に自然な泳ぎをする事です。

細い糸ほど、水の抵抗を受けないので、
オトリに掛かる負担も少なく成り、オトリは
活発に自然な泳ぎをします。

ですから、細い糸ほど有利に成ります。

細い糸だと、オトリは上流へグングン上って
行くので、竿を立ててブレーキを掛け、オトリの
泳ぎを止めなければ成らなくなります。

ミチイトの強度に関しては、掛け針に掛かった
野鮎が反転したり、死に物狂いで走った時の
衝撃に耐えられる強度のミチイトであれば
良い訳です。

一般的には、野鮎が掛け針に掛かって、全速力で
突っ走る重量は体重の3.5倍程だと言われています。

更に、友釣りではオトリの重圧も考慮しなければ
成りません。

昭和46年頃に、フロロカーボン製のミチイト
発売されるまでは、ナイロン製のミチイトでした。

私が鮎の友釣りを始めた昭和44年当時は、殆どの
釣り人がナイロン製ミチイトの0.8号(8毛)を
使っていました。

それに、友釣りはオモリをつけて急流を釣る
沈ませ釣りや、オトリ鮎をポイントへ引っ張って
行く引き釣りが主流でした。

ナイロン製のミチイトは、結び目から切れたり、
捻じれに弱く、直ぐに縮れる欠点がありました。

フロロカーボン製のミチイトは、縮れることもなく、
巻きグセも付きにくく、細い糸でも切れることが
なくなりました。

私の経験からして、フロロカーボン製の0.6号の
ミチイトであれば、どんな大鮎が掛かっても
切れることはありません。

球磨川の激流で、体長32センチ、体重415グラムの
大鮎を釣った時も、0.6号のミチイトで全く問題
ありませんでした。

ですから、殆どの河川では、フロロカーボン製の
ミチイトの0.4号で大丈夫だと思います。

フロロカーボン製のミチイトは捻じれに強く、
結び目から切れることはありませんし、結び目を
補強する必要もありません。

 - 鮎釣り用具 ,