鮎釣り竿 | 鮎の友釣り目通し仕掛け

*

鮎釣り竿

      2015/10/31

鮎釣り竿は、自分の体力に合った、操作
しやすいものを選ぶことです。

鮎の友釣りは、鮎が縄張りを作り、その
縄張りを命がけで守ると言う鮎の習性を
利用した釣りで、道具よりも技術が
優先する釣りです。

技術である程度カバー出来ますので、高価な
道具を揃える必要はありません。

竿は第一に軽いことです。次に長いほど
有利です。

調子は先調子、中調子、胴調子などがあります。
その中では、先調子が釣り易いです。

先調子のほうがオトリ鮎の送り込みがしやすい
ですし、オトリを操作するのも容易です。

また、オトリ鮎の動きが、他の調子の竿よりも、
手元に伝わる感覚で、よく分かります。

しかし、鮎の猛烈な引きを楽しむためには、
先調子よりも胴調子が向いて居ます。

胴調子の竿はオトリ鮎の動きに合わせて、
屈伸しますので、オトリが長く持つ利点が
あります。

でも、竿の調子は自分の好みの竿でいいと
思います。

鮎釣り竿は、それぞれの川に合ったものが
いいです。小さな川で釣る時は短い竿で
十分です。

大きな川では、長い竿でないと釣れない
場所が多くなります。

例えば、大きくて広い川で流心や流心
近くを釣る時などは、長い竿でないと
釣る事が出来ません。

次に、竹製の竿とカーボン製の竿を比較すると、
竹製の竿は重くて短いです。更に太い道糸を
使用せざるを得ません。

理由は腰が強すぎて、細い糸では切れて
しまいます。唯一の利点は感度が良くて、
敏感に手元に伝わってきます。

だだし、理論上は竹竿よりも、カーボンロッドが
素材のカーボンの伸縮性が5倍も高いので、
遥かに伝導率、すなわち、感度が良いと
言われています。

カーボン製の竿は軽くて長いです。それに、
釣果に大きく影響する細いミチイトを
使用できます。

カーボンロッドの登場により、0.2号から
0.4号の細糸が使えるように成り、釣り人の
釣果は格段に伸びました。

 - 鮎釣り用具 , ,