*

トロ場における釣り方

トロ場の川底は、変化があまりなくて傾斜も少ないので、流れが極めて緩やかになります。トロ場の川底の石は、割りと小さいので、大きめの石が点在する所には縄張りが作られやすく絶好のポイントになります。

瀬尻における釣り方

長い瀬で、瀬の途中で流れが緩くなり波立ちが消えている箇所が時々あります。その後は、再び流れが速くなり次の瀬へと続きますが、この一つ目の瀬の瀬尻と次の瀬の瀬頭の間は最高のポイントです。

ザラ瀬における釣り方

一般的にはザラ瀬とは、チャラ瀬よりもやや深く、水深が50~100センチほどで、川底には大小さまざまな石があり、水面がザワついて、白波が立っているような瀬です。
ザラ瀬は、解禁当初から終期まで友釣りが出来て、鮎が最も縄張りを作りやすい場所でもあります。

おとり鮎の選び方

養殖鮎の利点としては、すべての鮎が全く傷が無く、体力があるので、時々休ませながら泳がせると、意外と元気が良く、長時間オトリとして使うことが出来ますし、休ませると短時間で回復します。

荒瀬における釣り方

荒瀬での釣りは、その最下流から釣り始めて、上流へ釣り上がるのが一般的です。しかも、ヘチから釣り始めて、次第に沖を釣って行くことです。瀬脇を釣っている時に野鮎を掛けた場合は、
沖に走られないようにすることです。

ハミアトの見かた

典型的なハミ方は、一旦食む石の上流に泳ぎ出てから、反転して食み下る「返しハミ」です。
また、遡上期の小型の鮎に多く見られる下流から上流へ食み上がる「逆さハミ」と呼ばれるものもあります。

チャラ瀬や瀬脇などの浅い瀬での釣り方

浅い瀬においては、オトリが元気かどうかで釣果が決まります。オトリを入れた地点から広い範囲に泳いで行く元気なオトリでないと、釣果は伸びません。瀬の全体をくまなく泳がせて釣ることが大切です。

コケの見方

  2016/04/13    基礎講座 , ,

新ゴケは、岸寄り石から付き始め、徐々に流心へと広がって行きます。ザラ瀬では、新ゴケは大きめの石に付き、次第に小さな石にも付いて行きます。新ゴケがつくと、白川で飢えていた鮎が、いっせいに食(は)み始め、この時にオトリを入れると活発に追います。新ゴケのついた場所では、入れ掛かりが期待出来ます。

野鮎が掛かった時の魚信と掛かった部位別のオトリとしての良否

背掛かりの時は、小刻みに引っ張るか、又はスーとミチイトがゆるむような感じになり、その後、強く竿先を絞り込みます。針掛かりが浅く、背ビレよりも頭部に近いものほど良いです。
この部分に掛かった鮎は最良のオトリとなります。ただ、掛け針が背中を突き抜けたものは、弱ると肩が曲がり泳ぎが悪くなる事があります。

友釣りとは

緩やかな流れの浅場で群れをなしていた鮎も、コケを食べるようになると、少しずつ群れから
離れて一か所に定住し始め、縄張りを作るようになります。縄張りを作るのは、体長が18センチ前後に成長してからになります。