*

泳がせ釣りの基本的な操作及びオトリの泳がせ方

オトリから水面までの間の水中糸は、流れの強弱に比例して抵抗を受け、穂先を引っ張ります。強い流れほど抵抗は大きくなり、穂先をより大きく引き込みますが、それと同時にオトリを上へ引き上げる力も強くなります。

掛け針のそれぞれの特徴及び選定の仕方

一般的に、ハリ先が内側に向いているものは、肉切れなどは少ないです。逆に、ハリ先が外向きのものは掛かりは良いけど、タメが効かないのでバレ易い欠点があります。ハリのフトコロが小さいものは、ハリの刺さりが浅いので傷は小さいですが、バレやすいです。

竿の基本的な操作の仕方

オトリを送り出したら、オトリの動きや、流れの強弱に合わせて、竿の角度や位置を変えて、オトリが少しでも楽に泳げるようにしてあげる必要があります。この時、常にオトリの動きが手元に伝わる感覚で分かるように、ミチイトはたるませてはいけません。

目通し仕掛けの二つの欠点について

目通し仕掛けにも二つの欠点があります。それは、オトリ交換に時間が掛かることと、太いミチイトを使わざるを得ないことです。まず、オトリ交換に際して、非常に時間が掛かります。

引き抜きの利点と欠点及び取り込む時の注意点

引き抜きの利点は、動かないで取り込むので、釣り場を荒らさないばかりか、取り込みに時間が掛からない事です。引き抜きを習得すると、バラしが少なくなるばかりでなく、釣りあげるスピードが早くなり、釣果も伸びます。

目通し仕掛けが大鮎を釣るのに最適な理由

30センチを超えるような大鮎は激流に縄張りを作っている場合が多いです。そんな激流に居る大鮎を釣るには、まず、オトリが激流の中にはいって行って泳ぐことが出来なくてはなりません。

オモリを使う事による利点と欠点及び使う時の注意点

オモリを使用する欠点としては、少しミチイトをゆるめると、根掛かりしやすくなったり、引き抜く時に、高切れすることが多くなることです。また、タモの中で仕掛けがもつれることもあるど、
トラブルが発生しやすいです。

友釣りの初期における釣り場について

天然鮎も湖産鮎も、まだ体が小さくて体力もないので、流れの強い場所ではなく、流れの緩やかな浅場の平瀬やザラ瀬や流心の脇のカケアガリなどに縄張りを作ることが
多いです。

鮎と水温との関係について

鮎にとって最適な水温は、20~24度だと言われています。鮎は、適温時が最も盛んにコケを食みますし、動きも活発になり、従って追いも強烈になります。

淵における釣り方

淵の壁になっている岩盤の角やせりだしているところなどには、流れが当たりますので良質のアカが着きます。だから、淵にいる鮎でも水当たりの良い岩盤の角や出っ張っているところには縄張りを作っています。