*

「 鮎について 」 一覧

天然鮎と湖産鮎の相違点

天然鮎は、梅雨期が終わり、水温が安定してくると、移動をしなくなります。闘争性は、湖産鮎には劣りますが、追う時の速度は、湖産鮎よりも早く、直線的な追いをします。また、1~2回は追いますが、侵入した鮎が執拗に侵入を繰り返すと、自分の縄張りから出て行くものもいます。

遊び鮎、群れ鮎、縄張り鮎のそれぞれの特徴

遊び鮎とは、先頭の鮎に続き、数匹の鮎が、同じ地点を、大きな円を描きながら、また、行ったり来たりしながら、移動している鮎の群れを言います。遊び鮎の中には、群れから離れて、単独の行動を取ったり、縄張りを作る鮎もいます。

天然鮎と放流鮎について

海に流れ込む川の水温が上昇してくる三月から五月にかけて、3センチから6センチほどに成長した稚鮎は、大きいものから順に群れをなして、川の岸よりを帯状になって、遡上し始めます。