*

「 目通し仕掛けについて 」 一覧

目通し仕掛けの特徴及び優れた点

遊泳感を的確に知るには、たるんだミチイトでは、オトリの動きを竿に伝えることは出来ません。そこで、常にミチイトは適切な張り具合に保って置くことが大切になります。

目通しの仕掛け作りの観点から考察しました

ハリスを二本に撚るのは、掛かる瞬間の力と針の重さでハリスが切れるのを防ぐだけでなく、水流によって出来る水の泡がたたないようにするためです。

目通し仕掛けの二つの欠点について

目通し仕掛けにも二つの欠点があります。それは、オトリ交換に時間が掛かることと、太いミチイトを使わざるを得ないことです。まず、オトリ交換に際して、非常に時間が掛かります。

目通し仕掛けが大鮎を釣るのに最適な理由

30センチを超えるような大鮎は激流に縄張りを作っている場合が多いです。そんな激流に居る大鮎を釣るには、まず、オトリが激流の中にはいって行って泳ぐことが出来なくてはなりません。

多くの利点を持つ鮎の友釣り目通し仕掛けのやり方を解説

目通し仕掛けは、難しそうだと思われがちですが、 実に簡単です。 目通し仕掛けを作るには、オトリの目を通して結び、尻掛け針をオトリの尻ビレの後端を突き通して結ぶ だけです。