*

「 友釣りのやり方 」 一覧

友釣りの釣り方の基本・各ポイントでのオトリの泳がせ方

トロ場では、狙ったポイントの方にオトリを向けて放して、泳ぎ出したら狙ったポイントとは逆の方向に糸のたるみが出来るように竿でコントロールします。スピードが速すぎる時は糸を少し張り気味にし、スピードを速めたい時は糸を僅かに緩めてやります。

友釣りでのオトリ操作の基本とポイントに向けて泳がす方法

竿先を立てるとオトリは沖へ泳ぎ、寝かせると手前に来ます。竿先がオトリよりも沖にあると、オトリは手前の方に来ます。だから、オトリを沖へ泳がせたければ、自分が後ろに下がるのが一番簡単な方法です。

どんな河川でも釣れるようになるために習得すべき事

友釣りでは、ミチイトの張り加減が最も大切です。ミチイトを緩めていたら、オトリの動きが正確に手元に伝わらないないために、野鮎が近くにいるのさえ分かりません。

友釣りの初心者でも簡単に出来るオトリの移動操作法

竿の角度は、流れの速度や流勢とオトリの元気具合のよって決まります。ミチイトは、ゆるめ過ぎても張り過ぎてもいけません。オトリに負担を掛けない程度のミチイトの張り具合が大切です。

オトリ鮎を送り込む方法

弱ったオトリ鮎の場合は、オトリを足元に置いて、釣り人が上流へ上がります。それから、竿先を操作しながら、オトリの体の側面に流れを当ててやるとオトリは川の中心に
向かって泳ぎ出します。

友釣りの4つの釣法と各々のやり方を解説

シャクリ釣りの場合は、竿を軽くシャクッた時に、オトリの体が一旦起き上がるが、次の瞬間オトリは頭を下げて、もぐろうとするので、それが絶妙の誘いとなります。